こんなChromebookが発売されたらもっと売れるんじゃない?

先日はChromebookの良さをお伝えしましたが、Chromebookがこれからもっと盛り上がっていくのには起爆剤となる製品が必要だと思います。そこで、こんなChromebookが発売されたら人気が爆発しちゃうんじゃないかと勝手に想像(妄想)しながら書いていきます。どこかのPCメーカーの皆さん、そしてGoogleの皆さん、製品企画の参考にして下さい!

Googleのリファレンスモデルを発売する。

AndroidにおけるNexusシリーズの様なGoogleプロデュースのリファレンスモデルがあると、Chromebookのベンチマークの様になってわかりやすさが増すのでは無いかと思います。

と思ったら、以前PixelというChromebookをGoogleが発売していましたね。ディスプレイに凝ったとっても高いモデルだったこともあり、どっかに行ってしまった失敗作でした。

googlepixel

軽快さを活かした超ハイスペックモデルを投入する。

celeronでこれだけ速いのだから、Core iシリーズのハイスペックのCPUを積んだら、メチャクチャ速いんじゃないかな。どこかのメーカーさん、ぜひ出して下さい!

intelcorei

金属筐体の硬質感のあるモデルを投入する。

Chromebookって安さを第一の売りにしているせいか、安価なPCと同じ質感のものが多いです。Chromebookのシンプルな操作感や快適な使い心地を味わうに連れ、そのOSのもつ素晴らしさに見合った筐体を合わせたほうがより所有欲を満たしてくれるのでは無いか?と思うのです。MacBookAirの様な、とはいいませんが、質感の高い筐体のモデルが欲しい所です。ちなみに下の写真はDELLのAlienwareというゲーム専用PCですが、その独特の世界観で孤高の地位を築いている稀有なPCです。こんなモデルがChromebookにも欲しいですね。

dellalienware

Androidアプリが動作できるようにする。

ここからはソフトウェア的な妄想。Androidアプリを扱っているGoogle Playに膨大なアプリがあるので、GooglePlyからChromebookにアプリをダウンロードできたらいいのに、と思わずにはいられません。もっともAndroidアプリはローカルにプログラムを持つので、「全てクラウド上に持つ」、という発想のChromeOS上で動作するには相当ハードルが高そうな気がします。アプリのプログラム自体をクラウド上で動かすことができれば意外とすぐに実現しちゃったりして。

googleplaylogo

GoogleDriveの2年間増量制限を無くす。

Chromebookを購入すると2年間100Gを無料で貰えます。これはこれでとても助かるんですけど、使うだけ使ってしまうと2年後が心配になってきますよね。そこの制限を取っ払ってくれたらいいのにと思わざるを得ません、Chrombookからアクセスする場合は永久的に100G使える様にしてくれたら、気兼ねなく使えるのに。

googledrivelogo

以上、Googleのビジネスモデルを全く無視した妄想で書きましたが、どこかのメーカーで作ってくれないかな。