Amazonプライムで僕の生活はどう変わったか?

先日のPrime DayでFire HD 8が約半額の5,980円で発売していたので、前からどうしようか悩んでいたAmazonプライム会員になって購入してみました。

Fire HD 8については別途どこかで記事を書こうかと思いますが、今回はこのAmazon プライムという会員制度について少し思いを馳せてみました。




Amazonプライムとは

Amazonプライムとはオンラインショップの最大手Amazonの会員制度の名称で、年会費3,900円(税込。月額の場合、400円)で様々なサービスが受けれるようになります。

Amazonで購入する際に配達日指定や翌日配送が無料だったり、PrimeMusiceで音楽聞き放題、Prime Videoで動画見放題など様々なサービスを受けれます。

クリックすると拡大します。

このAmazonプライムの特徴はその破格の値段設定とサービスの豊富さです。例えば同じ音楽聞き放題サービスのApple MusicやGoogle Play Musicは月額980円です。Amazonは月額払いにしても400円、年払を月換算すると325円です。聞ける楽曲数に差があるとはいえ、圧倒的なコストパフォーマンスです。

動画見放題についても、Huluだと933円、安いと言われているdTVでも500円ですが、Amazonプライムは325円です。とにかく安い。

さらに音楽聞き放題、動画見放題に加えてAmazonでの購入時に配達日時の指定や翌日配送が無料だったり、プライムフォトで写真の保存が無制限だったり、DashButtonとい日用品をボタン一つで手配出来たりと様々なサービスが付加されてきます。

Amazonプライムで変わった僕の生活(の一部)

TSUTAYAの利用頻度が減った

僕はこれまでは音楽を聴いたり、ビデオを見たりするのは近所のTSUTAYAでレンタルすることが多く、年会費200円プラス、毎回のレンタル料を支払っていました。

レンタルは音楽が好きなのでCDを4枚1,000円ぐらいで借りることが多いです。これを最低でも年に5、6回は行っています。それに加えてDVDのレンタルも年に数回。ざっと計算しても年に10,000円前後ぐらいはコンテンツのレンタルという形態でTSUTAYAに投資していたことになります。

今回プライム会員になったことで、これまでTSUTAYAに支払っていたコンテンツのレンタル料はかなり減ると思います。

Amazonプライムではコンテンツがまだ充実していない部分もあるので、AmazonプライムにないコンテンツでTSUTAYAにあるコンテンツ(例えばJ-POPはプライムミュージックにほとんどない)を使う機会もありますが、その機会は大きく減るでしょう。

映画を見る機会が増えた

映画って2時間近くガッツリと見続けるので結構体力がいることから、DVDレンタルする際は気合を入れて借りていました。そのためDVDを借りるのは年に数回と数えるほどでした。

しかし手持ちのFire HDで気軽に隙間時間に細切れに映画が見れるようになると、ついつい見てしまい、映画を視聴する時間が増えました。様々な映画を見ることで楽しい体験ができ、情緒面では豊かになったような気がします。

その分、日常のインプット時間はかなり減ってしまうという点が長期的に見てどう出るかはわかりませんが、今のところ映画を視聴する贅沢な時間を楽しんでいます。

レンタル業界は大丈夫?

と、ここまではAmazonプライムで変わった僕の生活面のことでしたが、ちょっと気になるのがTSUTAYAをはじめ、CD、DVDレンタル業界のこと。Amazonプライムや様々な音楽聞き放題、動画見放題サービスが提供されるなか、CD・DVD業界は大丈夫なのでしょうか。

一般社団法人の日本レコード協会の調査レポートを見てみると、店舗の大型化が進んでいる一方で、店舗数は直近10年で減少傾向が続いており、ピーク時の1989年当時と比べると3分の1まで減っています。

CDレンタル店調査2016年

直接の影響はわかりませんが、ネットでの聞き放題、見放題サービスが減少傾向に拍車をかけているのではと思います。TSUTAYAもレンタル事業よりも書籍販売に力を入れているように見えます。

TSUTAYA書籍・雑誌の年間販売総額が過去最高1,308億円を達成

ということでAmazonプライムはレンタル業界の店舗数減少に拍車をかける一因となっていそうです。

まとめ

個人的にAmazonプライムの年間3,900円(税込)といのは破格の値付けだと感じています。音楽、映画だけでも他のサービスと比べても圧倒的に安く、さらにネットショッピングでの配送料や配達時間の指定なども無料化されるなど、そのコストパフォーマンスは最高です。

そして好きな音楽を、好きな映画を心行くまで視聴できる贅沢さが素晴らしいです。

今のところ提供されている音楽や映画だけでも十分満足ですが、痒いところに手が届く品揃えとは言えないので、今後さらなる充実を期待しています。