Chromebookベスト10が発表されていたので紹介するよ

先日ネットサーフィンをしていたら、techrador.proというサイトで「10 Best Chromebooks 2015」という記事が掲載されていました。日本では未発売のモデルもランクインするなど、なかなか興味深かったのでご紹介します。

スポンサーリンク



techrandor.proとは

詳しくはわかりませんが英国のサイトで、ざっと記事を見たところIT、ガジェット系の記事が充実していそうな感じでした。

techradorprowebimage

トップページを見ると「14インチのSurface Pro4がWindows10に最も適している4つの理由」とか「iOS9のリリース日、特徴、ニュース」などなど、ガジェット好きなら思わず飛びつきたくなるような記事が満載です。英語なので読むのに一苦労ですが、なかなか読みごたえがありそうなサイトでした。

このtechrandor.proが選んだchromebookのベスト10は次の通りでした。

第10位〜第5位

10bestchrombook10-6

ここでは日本でもすでに発売されているお馴染みの機種がならんでいます。そもそも何を基準にベスト10を選んでいるのかわからないので、この順位に意味があるかどうかわかりませんが、僕の愛用しているAcer C720も9位にランクインしています。長所、短所もだいたい似た感じなので、おそらくしっかりとレビューした結果なのでしょう。

個人向けでは日本未発売のHPのChromebook11が唯一100ドル代に収まっており、その安さに惹かれますね。

ここまでで日本未発売なのは日本メーカーの東芝のChromebook2。ほとんどのChromebookのディスプレイは1366×768の解像度ですが、Chromebook2は1920×1090となり、抜きん出たスペックとなっています。

第5位〜第1位

10bestchromebook5-1

ここから先は日本未発売モデルのオンパレード。LenovoやAcerの2in1タイプのモデルが続き、Top5では唯一国内発売されているDell Chromebook11が3位にランクインしています。2位のAcerは数少ない15インチモデル。そして栄えある1位はやっぱりGoogleのPixel2015でした。

new-chromebook-pixel-2242.0

photo by the verge

PIXELは以前記事にも書いたことがありますが、その圧倒的なスペックと品質が図抜けており、はっきりいってChromebookである必要がどこにあるのか意味不明な過剰なまでの凝りようです。だから魅力的でもありますが、非常に高価なので現実的な選択肢にはなかなか入りづらいものです。

このtechrador.proの記事の中でも高すぎることについて指摘をしていて、この金額ならChromebook2〜3台買えちゃうし、まともなWindowsPCが買えちゃうので、PIXELに投資するぐらいだったらもっと手頃なChromebookを検討した方がいいよ、とまで書いていました。

今回ランクインした10台のうち、日本発売されているのは5台とまだ半分なので、いかに日本にChromebookが入ってきていないかがわかってしまう結果でもありました。

このランキングを見ていて海外ではChromebookを選ぶ楽しみが沢山あって羨ましいいな、なんて思ってしまいました。Chromebook、もっと盛り上がれ〜!