坂口健太郎君が出ているCM、「条件は、今よりいい会社。以上」というキャッチフレーズ。
短い言葉だけどとても印象的なメッセージだった。

ざっくりした条件だし、今よりいいの定義ってなんだよとツッコミたくなるけど、それでもわかるわかる!と共感される人も多いのでは。



今より〇〇なってどんな条件?

僕は昨年、入社した会社が全然肌に合わず、悪戦苦闘しているうちに心身共に弱ってしまい、わずか一年で退職することに。

弱ってた時期に見たこのCMはなかなかインパクトがあった。恐らくこのキャッチコピーを考えた人は気軽に転職できる、ということをアピールしたかったのかな、とも思えるんだけど当時の僕にはそんな背景を考える余裕も無く、自分の置かれている状況を照らし合わせて今よりいい会社ってどんな会社なんだろうと考えてしまった。

今より自分の能力や経験を活かせる会社、今より人間関係が良くて働きやすい会社、今よりタバコ臭くない会社、今より自由に働ける会社などと感じてしまった。

転職 条件

転職する時に〇〇を基準に選んだら

この時感じた今より○○な部分はそのまま転職活動をする時の会社を選ぶ基準になった。

給料とか地位を気にする人も多いと思うけど、本気で辞めたいと思ったときの今より○○だったらな、という心の声に正直になることが転職成功の第一歩なのかな、と思う。

僕も給与やポジションを捨て、○○な部分にこだわって転職活動をしたせいか新しい職場は本当に働きやすく、心から転職して良かったと感じている。仕事に行くのが毎日楽しいという感覚が久しぶりに戻ってきた。

転職を考えている人は今よりいい会社に移る前に今より何が良くなれば良いのか、自分の心の声に真剣に向き合う事をおすすめします。