アマゾンのプライム会員となってからというのも、良質な音楽と映画に囲まれた非常に充実した日々を送っています。以前のブログにも書いたのですが、映画は約2時間がっつりと時間がかかるので、見るのに覚悟が必要であまり見る機会が無かったのですが、プライム会員となってからはFire HDで気楽に見れるようになっています。

そこで今回はプライムビデオで良かった映画をいくつかご紹介します。



最近観て良かった映画はこちら

WARRIOR(ウォーリアー)


様々な理由で離散した家族。兄弟が再会したのが格闘技イベント「スパルタ」。複雑な過程を経て再会するわけですが、主演の二人、トム・ハーディとジョエル・エドガートンの味のある名演技と映画に合わせて鍛え上げた迫力の肉体美も見どころです。

ネタバレになるので詳しい話は書けませんがラスト10分は涙腺崩壊必須です。特に格闘技が大好きな人にとってはたまらない映画ではないでしょうか。

ビリギャル


この映画はあちこちで話題になったので見た方も多いかと思います。主演の有村架純さんのキュートさが際立ちますが、この映画の本質は家族ドラマだと思っています。

不良娘を健気にささえるお母さんと妹、息子に自分が出来なかった夢を押し付ける父親、見ていて痛々しくなる家族の不協和音を何とか乗り越えていく様に僕は大いに感動しました。

吉田羊さんの迫真の演技も見ものです。



Sweet November(スウィートノベンバー)


仕事人間のキアヌ・リーブスと謎に満ちた自由奔放なシャーリーズ・セロンのラブストーリー。映画の内容もさることながら、映画の舞台となったボストンの街並みを見ているだけでも旅行したような楽しさを味わえます。

不思議な恋人関係を1カ月だけ過ごすというストーリーで最後は切ない話ですが、泣けるというよりは何かすっきりとした気分を味わえる映画でした。

こういった映画はヒロインのキュートさがポイントになりますが、シャーリーズ・セロンの自由奔放さの演技がとても気持ち良いものでした。

第9地区


異星人と共存するという見るからにB級映画。ドキュメンタリー調になっていることから最初は?となったのですが、見進めていくとその理由がわかります。

異星人や人が激しく飛び散るシーンなどちょっとグロいですが、ストーリーそのものは意外性もあって面白かったです。後半からのスピーディーな展開にぐいぐいと引き込まれてしまいました。単なるB級映画だと思っていましたが、見ごたえのある映画でした。

最後に

他にも何本も見ていますが、40歳過ぎてから今更ながら映画の魅力に惹き込まれています。

映画って、読書と一緒で映画の中の人の人生を自分に置き換えて考えて見たり、映画の中で背景に使われる街の風景を見て旅行気分を味わったり、と様々な体験をできるのが素敵ですよね。