Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline

もう使っている?Windows10新機能、タイムラインを使いこなそう

2018年4月30日から配信が始まったWindows10 April 2018 Update。皆さんはもうアップデートしましたか?

僕は配信が始まった翌日の5月1日にWindows10アップデートアシスタンスを利用して、すぐにApril 2018 Updateを適用しました。相変わらずファイルサイズはかなり大きく、アップデートに掛かる時間は長いので注意が必要です。

さて、April 2018 Updateでの注目の新機能といえばタイムラインです。今回はこのタイムライン機能の使い方についてご紹介します。



タイムラインとは

従来のタスクビューの機能が強化されたもので、時系列で過去30日までさかのぼって利用したファイルの一覧が表示される機能です。過去に操作したけど保存場所がわからなくなってしまったファイルを探す時などにはとても便利です。

Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline

さらには同じMicrosoftアカウントでログインしているマシンが複数ある場合は、複数のマシンで横断して操作履歴が表示されるというものです。スマホで操作したOneDriveのファイルもタイムライン上に載ってきます。

タイムラインの使い方

タイムラインの起動方法

タイムラインの起動方法は3通りあります。

1) タスクバー上のタスクビューボタンをクリックする。
2) Windowsキー+TABキーを同時クリック
3) トラックパッドを3本指で下から上にスワイプ

タイムラインの使い方

一番上が現在使っているファイル、開いているウィンドウ。
下に下がるにつれて古いファイルをさかのぼることが出来ます。

基本的には一日単位でまとめられていて、使用頻度の高い上位6ファイルまでがタイムライン上で表示されます。
それ以上のファイルを見たい場合は日付の横の「すべてのxxアクティビティを見る」をクリックします。

Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline

すると一日単位のタイムラインが表示されます。元のタイムラインに戻るときは「トップのアクティビティのみを見る」をクリックします。

Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline

タイムラインの履歴を増やす方法

タイムラインの履歴は最大30日間見ることが出来ますが、見れるようにするには設定を変更する必要があります。またこの設定変更を行うことでMicrosoftアカウントを利用している複数のデバイスのタイムラインを横断して表示することが可能になります。

設定方法

タイムラインを一番下まで行くと、以下のような画面が表示されますので、「有効」にするをクリックするだけです。

Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline

設定画面から変更する場合は、設定>プライバシー>アクティビティの履歴>WindowsPCでこのPCからクラウドのアクティビティを同期する、にチェックを入れます。

Windows10 Aprile 2018 Update タイムライン Timeline




まとめ

Windows10のメジャーアップデートはこれで5回目となり、着実に進歩している感じがあります。全体的にはセキュリティやクラウド対応やVR対応など普段あまり気が付かない部分の進歩が多かったのですが、タイムラインのようにユーザビリティに大きな変化をもたらす進歩は利用者にとっても目新しくて良いですね。

とはいえ、Windows10のUIは見慣れてきたというか、飽きてきたのでデザイン上のアップデートもそろそろ期待したいところですね。

さて、Windows10のメジャーアップデートは基本的にはWindows Updateから落ちてくるのを待った方が良いのですが、僕は自分のタイミングでアップデートしたいので、時間があるときにWindows10アップデートアシスタンスをMicrosoftのサイトからダウンロードしてきて手動でアップデートしています。

以前、外出先でテザリングでつないでいる時にメジャーアップデートが落ちてきてしまい、スマホのパケットが数ギガ減ってしまったことがありました。しかも再起動したら1時間近く作業が出来なくなってしまって途方に暮れた経験があるので、外出先でアップデートされないように自宅のネットワークに繋がっている時に極力アップデートするようにしています。April 2018 Updateをされる際には注意しましょうね。