川のある生活って素晴らしい

Chromebookにも慣れてきて、最近ではChromebookだけでも何とかなるようになってきました。不便な所もありますが、それについてはWindowsPCとの違いなども含めてどこかでレポートします。

今日はITやビジネスネタではなく、自分の思うことについて書きます。
僕は今、とある川の側に住んでいて川が自分の生活にしっかりと定位置を確保しています。


川のある生活に憧れた理由

IMG_1657いつかは川の近くに住みたいと思うようになったのは、はっきりと覚えていないけど、通学や通勤電車で川を渡るときにパッと視界が開けるような感覚が好きだったのと、水を見ていると不思議と気分が落ち着くということもあったと思います。結婚を機に実家を出るときも色々と考えた挙句、川のそばに引っ越しました。今の住まいに引っ越す時も場所を決めた大きなポイントが川の近くであることでした。

川のある生活で良いこと

川に憧れ、ようやく川のそばに住むようになってから、川の素晴らしさを実感しました。川のそばに住むことの良さは次のような点です。

  • 開けた空間にいるだけで開放的な気分になれる
  • 水が流れるのを見ていると嫌なことを忘れられる
  • 夏の夕暮れに河原で風が吹くと最高に気持ちいい
  • 一人で黄昏れることが出来る
  • 河原のコースは信号が無いのでランニングやサイクリング、ウォーキングに最適
  • 春や秋の天気の良い時はバーベキューが出来る
  • ワンコの散歩コースにも最適
  • 水鳥の観察ができる

などなど。
河原に座ってぼーっと風に吹かれていたり、時折飛び跳ねる魚を見たり、音楽を聞いたり、河原で遊んでいる子どもたちを見たり、とても贅沢なゆっくりとした時間が過ごせます。休みの日や時間がある時に買い物に行くときは、それが最短コースでは無くても河原を通ってノンビリ向かったりします。

IMG_1656

なんで川ってこんな素晴らしいんだろう

と、まあここまで書いてきて何で川ってそんなに良いところなんだろうと考えると、

  • 空間的に広いので気分が開放される
  • 水の流れが気持ちを落ち着かせる
  • 多くの人が集うので楽しい気持ちにさせられる

といったところなのかな、と思います。
でもこの理由は海辺でも同じように思えるのですが、海にはそれほど憧れません。海は逆に広すぎて、不安を感じたり、波の強さに不安を感じたりするのかもしれませんね。

今、引越しを考えている方は川のそばはオススメなので選択肢の一つに加えていただきたいな、と思います。

 

PS.鶴見川流域の生きものを紹介したパンフレットが鶴見川周辺の本屋さんで売っています。
これを見るとより一層川の良さがわかりますよ。