フルマラソンに挑戦しました1。準備編

2014年11月に人生初のフルマラソンに挑戦しました。貴重な経験だったので、ITやビジネスには関係ありませんが、書いていきます。


フルマラソン挑戦への経緯

もともとマラソンを始めたのは2009年頃で、取引先に勧められて神奈川マラソンの10キロに参加したのが最初です。その頃から走る気持ち良さは感じていたものの、走るとすぐに膝が痛くなるという問題が常に付きまとっていました。そんな故障しがちな膝と折り合いをつけながら細々と走り続けてきまして、年に1回は10キロレースに参加するファンランナーでした。長年走り続けるうちに膝の痛みは完全には無くせないものの、痛みを軽減する走りができるようになってきて、2014年2月に初ハーフマラソンに挑戦し、無事完走することができました。そこで欲張って長年憧れていたフルマラソンに挑戦することにしました。

フルマラソン挑戦までにやったこと

フルマラソンの計画を考えたのが2014年の4月頃。そして計画的に走り始めたのが2014年5月から。当初は11月の湘南マラソンに出たかったのですが、すぐに締め切られてしまい申し込みが出来なかったため、同じく11月に行われる筑波マラソンに参加することにし、準備を進めました。とにかく普段はあまり走っていないので、距離を走ること、そして怪我をしないことを目標にしました。距離は目標は100キロ/月としました。しかし実際はなかなか時間を取れず、あまり走れませんでした。実績は、

5月 55キロ
6月 50キロ
7月 94キロ
8月 76キロ
9月 80キロ
10月 36キロ
11月 30キロ

とまあ、こんな感じで夏場は結構走ったものの、10月、11月の直前期にほとんど走れなかったのが痛かったです。特に、11月の頭に25キロほど走った際に足首を痛めてしまい、痛みが全然抜けなくて全く走れなかったのです。レース直前の2〜3日前まで出場出来るかどうか悩んでいたのですが、レース前日に軽くジョグをしてみたところ違和感はあるものの何とか走れそうな気がしたので、出来るところまで走ろうと気持ちを切り替えて出場を決めました。

marathon3

フルマラソンの計画

直前期に足首を怪我するまでは目標を4時間30分以内でゴールとしていましたが、足首を怪我してからは制限時間の6時間以内にゴールすることに変更しました。そしてハーフまでを2時間半で走れれば、残り10キロ90分ペースで走っても制限時間内にゴール出来る、という時間配分で走ろうと計画を立てたのでした。
そして、いよいよレース当日を迎えました。朝の5時台に家を出て、8時前には会場入りしました。人気の大会だけあって物凄い人でこれまで参加したどの大会よりも人が多く、運営もしっかりしていました。そしていよいよスタートとなりました。

ちなみに僕が愛用しているマラソンシューズはアシックスのニューヨークシリーズ。定番中の定番だけど、やはり定番だけあって走りやすさ、安心感などは文句なしです。当たり前に走れる素直なシューズです。土踏まず周辺のサポートがしっかりしていて安心感があるのと、前足部の踏み込みがブレない所などが特に気に入ってる部分です。