ロゴだけじゃない!Galaxy S6 edge、ドコモとauはこんなに違う。

2015年夏モデルの目玉モデルとして発売されたGalaxy S6 edge。サムスンが打倒iPhone、そして中国勢の追随を振り払うべく市場に投入したフラッグシップモデルです。このGalaxy S6 edgeは日本ではドコモとauから発売されたのですが、同じモデルでありながらキャリアロゴ以外にも細部が異なっていたので、その違いについて書いてみました。


違いその1 カラーバリエーション

Galaxy S6 edgeはメタルフレームとガラスパネルの組み合わせで従来のモデルと比べて高級感を高めた外観となっており、カラーバリエーションも高級感のあるものが採用されています。ドコモは2色でグリーンエメラルドとゴールドプラチナ。

docomogalaxys6edge

 

image by docomo

auはブラックサファイア、ホワイトパール、ゴールドプラチナ。

augalaxys6edge

 

image by au

ゴールドプラチナは両社共通です。ドコモのグリーンエメラルドは特徴的で深いグリーンが神秘的な印象です。一方、auのブラックサファイアはシックな感じ、ホワイトパールは華やかな印象でした。この色だけでもどちらにするか迷っちゃいますよね。

s6edgecolor

違いその2 ROM容量

ドコモ版は64Gのみ。au版は32Gと64Gから選択できます。従来はSDカードでストレージを増量することが出来ましたが、S6 からはSDカードが追加出来なくなったので、このROM容量の設定は悩ましい所です。ドコモ版は悩む事はありませんが、au版はどちらにするのか、使用用途と価格差を考慮して選ぶことになりそうです。

s6edgerom

違いその3 通話、待受時間

ドコモ版は通信形態によって通話時間、待受時間が大きく変動するようです。一方au版は通信形態による変動も少なく、時間も長いです。ここの比較ではau版が一歩リードしているようです。

s6edgetime

違いその4 対応通信網

これはキャリアの違いそのものですが、ドコモは幅広い周波数帯に対応していますが、auは2つの周波数帯のみ。auのLTEエリアの広さは評判があるのでそれほど大きな差にはならないかも、と思ったけどau版が劣るのは3G通信が出来ないこと。地方では3Gしか通信出来ない場所もあるので、エリアの広さではやっぱりドコモの方がリードかな。

s6edgespeed

このように同じモデルでもキャリアによって微妙に仕様が異なるんですね。僕的にはmineoのSIMを使っていることもあって、au版の方が気になります。ホワイトパールやゴールドプラチナのS6 edgeはiPhone以外では見たことのない高級感が溢れているし、両サイドがラウンドしている形状は不思議な体験ができます。若干キワモノ的な見方をされている感じがしますが、その出来栄えは近年まれに見る良さだと思います。果して両社のS6 edgeの人気はどうなるでしょうか?