冬の新定番?crocs blitzen 2.0 Clogを買ってみた

夏といえばサンダル、サンダルといえばcrocs(クロックス)ということで僕はcrosが大好きです。軽くて柔らかくて気持ちいいし、踵にバンドがあるので歩きやすいし、水に濡れても大丈夫だし、爪先部分には穴が空いていて涼しいし、ということで夏のサンダルとしては完璧な一足です。

ちなみに僕が夏に履いているのはこちらのclassic。

これぞクロックスという感じのスタイルです。最近のクロックスはスニーカーやクロッグスタイルでも2色だったりとちょっと複雑になってきていますが、やっぱりclassicが一番クロックスらしいと思うんですよね。

秋も深まってきたこの時期になんで夏のサンダルの話をしているかというと、冬も軽いサンダルみたいな靴を履きたいって思ったからなんです。冬の靴ってブーツが中心で結構足元が重くなっちゃうんですよね。で、ブーツだと脱いだり履いたりも面倒なんです。僕がこれまで冬場によく履いていたティンバーランドのイエローブーツなんかはめちゃ重たいです。防水機能も凄いし暖かいし、履き心地もいいんだけど唯一重たいのが欠点でした。また脱ぐときは長い靴紐を緩めないと脱げないので、着脱にひと手間かかってしまうのでした。

そこで冬場でも軽くて暖かくて、それでいて着脱が楽なシューズないかな?と考えた挙句思いついたのが、「クロックスみたいなシューズで暖かいの」でした。

広告



いいやつ見つけた!

それでは、ということでCrocsの公式サイトを見たところ、いいのがありました。「crocs blitzen 2.0 clog」というものです。

これまでのcrocsの冬モデルのマンモスはつま先部分に穴が空いていたので少し寒そうでしたが、こいつは穴が塞がっています。さらにはボアが着いたインナーもあります。これはイイ!と思ったのですが、僕の幅広の足に合うサイズがわからなかったので、crocs直営店まで出向いて、試着してから購入しました。

僕は足の幅が4Eと幅広なので足の長さは27センチですが、Classicは足幅に合わせて28センチを履いていました。今回はボアも付いているので28cmだとキツイかなと思って試着したのですが、より一層ガバガバで歩きにくくて仕方ありませんでした。

そこで足の長さに合わせて27センチにしたところちょうど良いサイズでした。オシャレな靴のほとんどが足に合わない僕としては、いつももっと足幅が狭くて一般的なサイズだったらな、と思うのですが、今回はなぜかピッタリ。靴のサイズ選びって本当にむずかしい。

crocs blitzen 2.0 clogを写真で解説してみる

今回購入したのはエスプレッソと呼ばれる焦げ茶色。最初はブラックにしようかと思ったけど、無難すぎるのでちょっと変化球でエスプレッソにしました。

crocsblitzenallview

blitzenの特徴はつま先、甲の部分に空気穴が空いていないこと。これにより冬場でも暖かく過ごせます。おされな人がたまに履いているつま先がポッコリしたブーツのようにも見えます。ボアのインナーを止めるクリップ部分は色違いでポップな感じ。

crocsblitzeheel

かかとの部分にもCrocsロゴが入っています。インナーのボアはとっても暖かい。取り外して丸洗いもできるそうです。

crocsblitzesole

靴底のパターンはclassicと似た感じ。

crocsblitzensideview

横から見ると結構厚みがあることがわかります。

crocsblitzenoverview

履いてみた感じ。

ちなみに今回は直営店で購入したからか、こんなcrocsロゴが全面に記載された袋に入れてもらえました。ちょっとしたエコバッグ的な使い方で重宝しそうです。

crocsbag

履いてみてどうだった?

このblitzen 2.0 clogを履いてみた感想としては、やっぱりcrocsのシューズは軽くて、柔らかくて楽ちんだわ〜、でした。結構厚みのあるシューズなのですが、そのずんぐりむっくりした見た目からは想像もつかないほど軽く、そして柔らかいです。

ちなみに弾力性については、夏場に使っているclassicがへたってきているからなのかはわかりませんが、classicよりも反発力が強くなっているようにも感じました。

肝心の暖かさはまだ真冬でないのでわかりませんが、少なくとも秋の今頃に履くには十分過ぎるぐらい暖かいです。かかと部分から冷たい風が少し入ってきますが、つま先に暖かい空気が充満しているので、ちょうどいいぐらいな感じでした。

足を突っ込むだけで履けるという着脱のイージーさもいいですね。冬でもサンダルがはけるって感じがとてもいいです。

気になったところとしては、バンドがないことによるかかとの不安定さです。classicやcrocbandはかかとに特徴的なバンドがあるため、かかとが固定されて歩きやすいのですが、blitzenはこれがないため、かかとがプカプカしてしまいます。歩くだけでは問題ありませんが、ちょっと小走りってのがやりづらくなってしまったのが残念なところでした。

追記:当初はかかとの不安定さに戸惑ったものの、すぐに馴染んでしまい今では快適に履いています。寒さが本格化してきた最近ではすっかり定番のシューズになっています。ブーツより気軽に履けるのに暖かいってのに重宝しています。

今年の冬はこのblitzenを定番シューズにしてガシガシ履きこんでいきますよ。

 

ちなみにblitzenにはボアがアニマル柄のモデルも用意されています。もう少し派手なのが欲しい人はこちらをどうぞ。