3回に渡って説明してきた、「Google AnalyticsでWEBアクセス解析」もいよいよ最終回となりました。

これまではGoogle Analyticsの概要、設定方法を中心に説明してきました。
最終回の今回は、Google Analyticsでどんな情報を見る事が出来るのか?を紹介します。


Google Analyticsで見れる解析情報は4つのカテゴリーがあります。

1.ユーザーに関する情報
2.集客に関する情報
3.行動に関する情報
4.コンバージョン(成約)に関する情報

それでは一つずつ見てみましょう。

1.ユーザーに関する情報

ここではサイトに訪れる人がどんな人々なのかを見る事が出来ます。
代表的な物は次の通りです。

地域 ・・・どんな地域(国別、都市別)からアクセスしているか。
ブラウザ ・・・ どんなブラウザからアクセスしているか。
携帯端末 ・・・ どんな端末からアクセスしているか。

2.集客に関する情報

ここではどのようにサイトに訪れて来るかを見る事ができます。

参照元 ・・・ どんなサイトからアクセスしてきているか。
キーワード ・・・ どんなキーワードが検索されているか。
ソーシャル ・・・ どんなSNSからアクセスしてきているか。

analytics04

3.行動に関する情報

ここでは、サイトを訪れた人々がサイト内でどのような行動をしているかを見る事が出来ます。主な情報は次の通りです。

行動フロー ・・・ サイト内のページをどのように遷移しているか。
サイトコンテンツ ・・・ どのコンテンツがどの程度見られているか。
サイト速度 ・・・ サイトの表示速度はどの程度か。

4.コンバージョン(成約)に関する情報

ここではサイトの目標値を設定し、目標までのフローを見る事ができます。主な情報は次の通りです。

目標への遷移 ・・・ 目標にどのように到達しているか。

このようにGoogle Analyticsで収集できる情報は、どれも貴重なものばかりです。サイトを運営するにあたってはこれらの情報をチェックし、サイト目標達成に向けて改善点の検討、改善点の効果測定等、色々な用途で使えます。注意すべき点としては情報が多いので、何となく見て満足してしまいがちになるので、目標を持って数値管理をしていく意識を持って行きましょう。

第1回 Google AnalyticsでWEBアクセス解析!
第2回 Google AnalyticsでWEBアクセス解析!
第3回 Google AnalyticsでWEBアクセス解析!