このブログはWordPressというシステムを使って、構築しているのですが、WordPressの良いところは1)無数にあるプラグインというアドオン(追加機能)が使えることと、2)無数に用意されているテーマを使うだけでデザインを変えられること、の2つが挙げられます。

このたび、僕のブログのテーマを変えてみて、ガラリとデザインを変えてみましたので、その概要についてご説明します。

広告


これまで使っていたテーマ

これまでは国産の無償テーマで有名なBizVektorを使ってきました。

【無料】BizVektor [ ビズベクトル ] 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)【無料】BizVektor [ ビズベクトル ] 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)

スマホ、デスクトップに両方に対応したレスポンシブにデザインを変えられるテーマを探していたことと、マニュアルなどが日本語で用意されている方が安心だったということもあって、このテーマを採用しました。

1年半以上、このテーマを使ってきたのですが、結構同じテーマを使っているサイトを見かけることや、もっとシンプルでインパクトの強いテーマを使ってみたい、という思いもあって思い切って変えてみることにしました。

テーマを変えるにあたって重視したこと

テーマを変えるにあたって重視したのは、これまで同様レスポンシブデザインであること、これは外せません。それ以外は画像を大きめに表示できることや、左右のウィジェットがないシンプルなデザインであること、フォントサイズが大きめであること、などなど。

BizVektorを採用した時にこだわっていた日本語のマニュアルなどは、今回はまったく考慮しませんでした。ある程度WordPressにも慣れてきたし、なんとか対処できるだろう、ということで。

Tracksを採用しました。

そんな中で参考にしたのがこのページ。

無料で使えるのがビックリ!Wordpress最新テンプレート10選|ferret [フェレット]無料で使えるのがビックリ!Wordpress最新テンプレート10選|ferret [フェレット]

どれもお洒落なテンプレートばかりなので、気に入ったものをいくつかインストールしてみて、デザインが合うかどうか確認していき、最終的にはTracksというテーマを採用することにしました。

Tracksimage01

Tracks

まだ微調整はしておらず、ほとんどテーマを適用しただけの状態ですがそれっぽいデザインに仕上がっているでしょ?

僕のブログは半分以上がデスクトップからのアクセスが多いので、デスクトップの見栄えを重視しつつ、今後増えていくであろうモバイル利用者にも使いやすいレイアウトにしていく予定です。

テーマを変えるということ

テーマを変える際に悩んだのが、既存のテーマとの移行性。

基本的にブログの文書や画像などのデータはそのまま移行できるのですが、メニューやウィジェットなどテーマに依存する部分はかなり変わります。今回は移行のしやすさ、手直しの少なさを重視してテーマを選びました。テーマを変更する際の重要なポイントではないかと思っています。

テーマを変えると気分も新たになるし、ブログのViewがどの程度変わるのか?など評判も気になるところで、また一つブログ運営の楽しさを見出した感じです。